トイレの水漏れの修理にはどのくらいの料金がかかるの?

緊急の対処が必要なのはわかっているが、トイレで水が漏れている場合いったいいくらぐらいの費用がかかるのか検討がつかないという気持ちから、費用面を気にしてしまうことで業者への依頼が遅れてしまうケースがあります。そこでどのぐらいの料金がかかるのか相場を知っておくことで安心して依頼をすることができるのではないでしょうか。

■トイレの水漏れは料金が高くなる可能性がある

詰まりや部品の交換、調整作業や配管の交換などは1つ1つの作業は数千円程度で済むことがほとんどです。ただし重度の詰まりや便器の交換、高圧洗浄機を使用した場合の配管の洗浄などは数万円と高額になる可能性が高くなります。また夜間や早朝などに作業を依頼した場合は時間外料金がかかりますし、基本料金や出張費などを設定している業者も多いので、トータルで考えるとトイレで水漏れが起こった場合はキッチンや洗面台などの修理に比べると費用がかかる傾向にあります。


■自分で対処したことで余計に料金がかかる可能性がある

費用が高額になるのが不安で自分でなんとか水漏れを解決しようとする人もいるでしょう。修理に慣れている、構造や仕組み、修理の工程などを理解しているという場合は特に問題はありませんが、不慣れな状態で無理に修理をしてしまうとさらに破損させてしまう可能性があり、状況が悪化してしまいます。こうなるともともとの修理代よりも余計に費用がかかることになってしまうので、安易や修理や無理な修理はできるだけ控えて最初から業者に依頼するようにすることで費用の節約になる場合も多くあります。


■タンクの取替では数万円の費用がかかることもある
トイレのタンクの寿命はだいたい10年前後であり、10年以上経過しているタンクから水漏れが起こっている場合はタンクを勧められることも珍しくありません。もちろん修理をすることもできますが、タンク自体が経年劣化をしていることから修理をしてもトラブルが再度発生する可能性もあるので交換した方が長い目で見ると、費用の節約になる可能性が高くなります。タンクの取替は10万円前後かかることもあるので費用がかかりがちです。

まとめ
簡単な修理であれば数千円程度でできるトイレの水の漏れなどのトラブルも状況や修理の内容などによって高額になる可能性もあり、住宅の中でも水が漏れると厄介な場所と言えるのがトイレです。修理費用の節約のためにも普段からチェックをして未然にトラブルを防ぐことができるようにしておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ