トイレの水漏れの修理

トイレで水漏れが起こると慌ててしまい、どうしたらいいのか途方に暮れてしまった経験があるという人もいるのではないでしょうか。トイレの水漏れで慌てないためにも、業者に修理を依頼した際の修理内容について知っておきましょう。

■タンクの場合

タンクから水が漏れている場合、止水栓や給水管、排水管、レバー部分や手洗い管、タンクの蓋、内部のパーツなどを確認して原因を特定していきますが、トイレタンクはいくつか種類が普及しているものの基本的な仕組みや構造に大きな違いはありません。また水漏れが起こっていると思っても、タンクに水を溜めるために出ている可能性もあることから、はっきりと突き止めたい場合は一度水道の元栓を締めて水道メーターを確認してみましょう。タンクから水が漏れている場合に多いのが浮き玉のアームが外れている、ゴムパッキンが劣化している、錆など経年劣化を起こしているなどで、これらの修理は比較的簡単に行うことができます。

■便器の場合

便器から水が漏れているという場合は水だけではなく汚水が外に出てくる可能性があるので早急に対処しなければなりません。ヒビや破損などがある場合はパテや防水テープなどで補修する、便器そのものを取り替えるなどの修理を行うことができますが、タンクや便器に原因がないのに水が漏れてきているという場合は排水管に問題が生じている可能性が高いので、この場合は便器を取り除いての作業が必要となり、業者に依頼するしか方法はありません。排水管に問題がある場合は汚水の逆流なども起こる可能性があるので迅速に対処しましょう。

■トイレの修理にかかる時間
修理にかかる時間については、どこから水が漏れているのか、どんな修理が必要なのかによって変わってきます。パッキンなどのパーツの交換などで済むという場合は数時間程度で終わることがほとんどですが、タンクの取替やウォシュレット 水漏れ、配管に問題がある場合などは一日から数日かかる可能性もあります。配管が詰まっているという場合は詰まりの原因によって取り除くための時間がかかる可能性もあるので、一概にこれぐらいで終わると言えないものです。

まとめ
トイレが使えなくなると非常に不便なことから水漏れなどの修理をいち早く対処しなければなりませんし、放置してしまうと被害が拡大する可能性も高くなります。どこから漏れているのかある程度知ることができることから、普段から定期的に点検をしておくと水のトラブルを防ぐことができるのではないでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ