トイレの水漏れで配管に原因がある場合

水漏れが起こっているときに水がどこから漏れているのか確認してもタンクや便器には問題がないという場合は配管からの水漏れを疑います。ゴミなどが詰まっている、接続部分が緩んでいる、管そのものが劣化してしまっているなど原因は様々です。

■壁や天井から水が落ちている場合は配管を疑う

トイレに使用されている配管は見える部分だけではありません。住宅の構造によっては壁の中や天井裏、床下などにも通っています。また二階にもトイレがあるという場合は見える管から水が漏れている可能性もあります。壁や天井が湿っている、湿気がひどい、目に見えて濡れている、カビが発生しやすくなったという場合は見えないところに通っている管からの水漏れを疑い、業者を手配して修理をしてもらいましょう。天井裏や壁の中、床下などの場合は自分で修理をするのは難しいので業者に依頼するのがベターです。


■配管の修理内容とは

配管からの水漏れの修理は基本的に見える部分であれば自分で接続部分の緩みを直したり、部品を交換することで修理をすることができます。パッキンなどの部品はホームセンターなどで手軽に購入することができるのでトラブルが起こった際にすぐに対処できるようにストックしておくのもよいでしょう。工具やマイナスドライバーやモンキーレンチ、バケツやタオルを用意します。自分で修理することができない、壁の中や天井の中の修理が必要な場合は業者に依頼しましょう。



■集合住宅は他の部屋に影響を及ぼすこともある
マンションやアパートなどの集合住宅で水漏れを起こすと他の部屋にも影響を及ぼすことがあります。下の階だけではなくマンションやアパートの構造によっては考えられないようなところまで被害が及ぶ可能性もあり、トイレの交換だけでなく賠償問題へと発展することも珍しくありません。定期的な点検を行って天井や壁の中で水漏れが起こっていないかチェックしておくことで、被害を最小限にとどめることができます。また万が一のトラブルに備えて、水漏れなどに対応している保険に加入しておくのをおすすめします。

まとめ
配管と一言で言っても自分でなんとか修理をすることができるものから、業者に依頼しなければできない修理もあります。水漏れを見つけたら、まずはどこから水が漏れているのかを確認して、できるだけ早く対処するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ